一般社団法人 こども家族早期発達支援学会 公式サイト

早期発達支援士

  • HOME »
  • 早期発達支援士
早期発達支援士とは
子どもの発達とその支援に関する基本的な知識があり、子どもの発達および家族の支援を一定期間行っている方に与えられる資格です。資格認定機関は本学会です。
資格取得には入会手続きが必要です。⇒入会手続き
受講条件
早期発達支援士資格取得のための講座を受講する条件としまして、以下の項目をすべて満たす必要があります。
  1. こども家族早期発達支援学会の一般会員、あるいは正会員であること
  2. 子どもの発達・支援に関わっていた方、関わっている方、あるいは今後関わろうとする強い意志をお持ちの方、かつ真摯に学ぼうとする意欲のある方
    《例》教員、保育士、児童福祉施設従事者、医療・療育機関従事者、
       学童クラブ・児童福祉施設従事者、学校心理士、臨床心理士、学生など
受講講座一覧
領 域講座
コード
講 座 名
発達・言語E-001発達を支援するということ
E-002現代社会における発達支援
医療・保健E-003発達障がい・愛着障がい
E-004医療機関における早期発達支援
心理・アセスメントE-005乳幼児期の発達の心理検査とインフォーマルアセスメント
E-006個別の支援ニーズに関するアセスメント
療育支援E-007環境の支援・行動の支援
E-008感覚の支援・運動の支援(ユニバーサルデザインの遊び)
コーディネートE-009関係機関をつなぐ(医療・福祉・教育)就学支援
E-010乳幼児教育現場での支援(個別支援計画)
家族E-011家族を支える福祉
E-012保護者から学ぶ:家族支援の実際(ケーススタディ)
受講料
講座受講料  1講座:4,000円(12講座 48,000円)
資格取得条件
資格取得条件として、以下の項目をすべて満たす必要があります。
1.こども家族早期発達支援学会の一般会員、あるいは正会員であること
2.① 学校(幼稚園・小・中・高・大・専修学校など)の教員(非常勤を含む)経験のある方
② 公的な児童相談関係の職員(非常勤を含む)経験のある方
③ 保育園や児童福祉施設の職員(非常勤を含む)経験のある方
④ その他子どもや家族の発達支援に関連する医療機関や療育機関の職員(非常勤を含む)経験のある方
⑤ 保育園、学校、学童クラブなどで支援の経験のある方
⑥ 学校心理士・臨床心理士・臨床発達心理士などの関連資格を有する方
⑦ 大学・大学院の学生などで、現在子どもの発達に関する臨床や研究に携わっている方
⑧ 本学会が過去の実績を認めた方
3.本学会指定領域である「発達・言語」「医療・保健」「心理・アセスメント」「療育支援」「コーディネート」「家族」の6領域の講座を受講し、各領域より2ポイント、合計12ポイントを取得していること
4.過去5年間において400時間以上の実践経験(原則として有償の勤務形態であること)を有すること
5.自身が支援を行った事例報告書を提出すること
6.書類選考に合格すること
資格取得時の諸費用
資格審査費用20,000円
認定費用30,000円
※認定資格には有効期限があります。取得後5年経過した場合には、更新手続きが必要となります。
資格更新手数料30,000円
【平成25年度開催の研修会受講者へ】
平成25年5月から開催している本学会主催の研修会へ参加されている方は、受講ポイントが発生しています。
◆特別支援士(スペシャルサポーター)【認定団体:サポーター育星プロジェクト研究協会】
6領域12講座のうち[医療・保健]領域を除く10講座を免除します。
◆こども家族認定発達サポーター【認定団体:こども家族早期発達支援学会】
6領域12講座のうち[発達・言語]領域(2講座)を免除します。
◆保育コーディネーター研修【実施団体:東京都立小児総合医療センター】
6領域12講座のうち[療育支援]領域と[コーディネート]領域の4講座を免除します。
早期発達支援士講座の申し込み手続きに関するご案内 ⇒会員専用サイト
(会員専用サイトは入会した方のみ閲覧できます)
私たちは、早期発達支援や特別支援教育に関わる多くの人々や機関が、深い人間理解と信頼関係により結びつき、チームとなった保育・療育・教育の輪の中で、子どもと家族が生涯にわたって支援を受けられるような社会を目指します。
PAGETOP