一般社団法人 こども家族早期発達支援学会 公式サイト

東京都保育士等キャリアアップ研修(認可講習)

こども家族早期発達支援学会は、「保育士等キャリアアップ研修ガイドライン」(平成29年4月1日雇児保発0401第1号 厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課長通知別紙)及び「東京都保育士等キャリアアップ研修事業実施要綱」(平成30年2月15日付29福保子第4351号)に基づき、2018(平成30)年度より、東京都保育士等キャリアアップ研修の指定機関となりました。2019年度の募集につきまして、ご案内します。

研修対象者

保育士等キャリアアップ研修の対象者は、私立の保育所等(子ども・子育て支援法に基づく特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業所並びに東京都認証保育所をいう。以下同じ。)の保育現場で、それぞれの専門分野に関してリーダー的な役割を担う人です。

受講料

東京都内の保育所等に勤務されている方 無料
東京都以外の保育所等へ勤務されている方 お一人様 20,000円

受講について

国が定める8分野のうち、本学会では【障害児保育分野】の研修を実施します。
10講座全てを受講してください。研修の開催日程については以下の通りです。

◆時間帯 ①10:00~11:30 ②12:10~13:40 ③13:50~15:20 ④15:30~17:00

開講日 会場 時間帯 講座名(講座コード) 担当講師
8月11日
(日)
明星大学
(予定)
家庭及び関係機関との連携 藤原里美
障害児の個別の支援ニーズに関するアセスメント 藤原里美
子どもの発達と多様性の理解 田中 哲
医療機関との連携 田中 哲
9月7日
(土)
明星大学
(予定)
障害児の感覚と運動の理解と支援 星山麻木
障害児保育における遊びの環境 星山麻木
障害児の発達のアセスメント 星山麻木
9月8日
(日)
明星大学
(予定)
障害児保育の指導計画、記録及び評価 藤原里美
障害児保育の環境 藤原里美
保護者理解・保護者支援 藤原里美

◆会 場 明星大学(予定) 東京都日野市程久保2-1-1

講師紹介
tanakasatoshi田中 哲(たなか さとし)
東京都立小児総合医療センター 副院長/医師
人間の発達にとって【心の骨組み】が大事、その原点を培うものは【あたたかなまなざし】だと主張する、児童思春期精神医学を専門とするドクター。
著書:発達障害のある子を理解して育てる本(学研ヒューマンケアブックス 2015)ほか

藤原 里美(ふじわら さとみ)
一般社団法人 チャイルドフッド・ラボ 代表理事
臨床発達心理士/自閉症スペクトラム支援士
実践を大切にする療育のプロ。支援の必要な子どもと家族に安心を届けるために奮戦している。こども家族早期発達支援学会の副会長を務める。
著書:はじめての療育(学研教育出版 2015)ほか

hoshiyamaasagi星山 麻木(ほしやま あさぎ)
明星大学 教育学部 教授/音楽療法士
人と人とをつなぎ、一貫した支援ができる人材育成を目指して、こども家族早期発達支援学会を設立。 個の違いを生かすエコロジカルデザインや、参加者同士がともに育ちあう協働学習を提起している。
著書:ユニバーサルデザインの音楽表現(萌文書林 2015)ほか

(50音順 敬称略、2019年2月末現在)

受講申し込み手続き

受講申し込みフォームよりお申込みください。(※別ウインドウが開きます)
受講者氏名、事業所名など、正確に入力してください。


受講申し込み手続きが完了すると、登録されたメールアドレスに確認メールが送信されます。確認メールが届かなかったり、申込内容に誤りがあった場合には、事務局までご連絡ください。(⇒お問い合わせフォーム)また、東京都以外の保育園等へ勤務されている方には、確認メールとは別に、事務局よりご連絡いたします。

研修受講当日は、参加票と保育士証の写し(コピー)を一緒にご持参ください。

受講定員

120名(先着順で受け付けます。定員になり次第、受付を終了させていただきます。)

修了証の発行

研修終了後、受講記録の提出を確認し、修了認定を行い東京都へ報告します。修了者には、修了証を勤務先へ送付します。

*本研修の修了認定は、合計15時間を受講していることが必要です。受講時間不足の場合には修了証を発行できませんので十分ご注意ください。

個人情報の取り扱い

受講申込時に記載された個人情報については、適正な管理を行い、本事業の運営以外の目的に利用することはありません。なお、公的書類・資格証の写しは返却しませんので、あらかじめご了承ください。

*研修終了後、東京都以外の都道府県間で研修修了者の情報を共有する場合があります。

公開講座・研修会

私たちは、早期発達支援や特別支援教育に関わる多くの人々や機関が、深い人間理解と信頼関係により結びつき、チームとなった保育・療育・教育の輪の中で、子どもと家族が生涯にわたって支援を受けられるような社会を目指します。
PAGETOP