一般社団法人 こども家族早期発達支援学会 公式サイト

公開講座 宮崎会場《平成28年度》

発達支援を学ぶ公開講座のご案内

現在、発達障がいや発達支援の理解は、家族、地域、学校などで切実に求められています。そこで、こども家族早期発達支援学会では、発達支援を学ぶ公開講座を宮崎会場で開設することにいたしました。
どなたでも、1講座から受講できます。

日 程:2016年4月29日(金/祝)・30日(土)10:30~16:15
場 所:宮崎市民プラザ ギャラリー(宮崎市橘通西1-1-2)
開講日時間講座名(講座コード)担当講師
4/29(金/祝)家族を支える福祉(E-011)田畑寿明
乳幼児期の発達の心理検査とインフォーマルアセスメント(E-005)岩﨑まり子
発達障がい・愛着障がい(E-003)田中 哲
4/30(土)発達を支援するということ(E-001)藤原里美
環境の支援・行動の支援(E-007)藤原里美
関係機関(医療・福祉・教育)をつなぐ就学支援(E-009)岩﨑まり子

◆時間帯 ①10:30~12:00 ②13:00~14:30 ③14:45~16:15

《講師紹介》
profile藤原里美(ふじわら さとみ)
東京都立小児総合医療センター主任技術員
【資格】臨床発達心理士 自閉症スペクトラム支援士
実践を大切にする療育のプロ。支援の必要な子どもと家族に 安心を届けるために奮戦している。こども家族早期発達支援学会の副会長を務める
著書:はじめての療育(学研教育出版 2015)ほか
profile田中 哲(たなか さとし)
東京都立小児総合医療センター 副院長/医師
人間の発達にとって【心の骨組み】が大事、その原点を培うも のは【あたたかなまなざし】だと主張する、児童思春期精神医学を専門とするドクター。
著書:発達障害のある子を理解して育てる本(学研ヒューマンケアブックス 2015)ほか
profile岩﨑まり子(いわさき まりこ)
九州保健福祉大学子ども保育福祉学科非常勤講師
宮崎県スクールカウンセラー
【資格】臨床発達心理士
幼児健診での相談、保育園や幼稚園そして小学校の巡回相談、また思春期臨床をとおして、個の支援だけではなく、育ちの場 との連携も実践。「一緒にやっていきましょう」がモットー。
著書:「子どもを育む心理学」(共著・保育出版社)
profile田畑寿明(たばた ひさあき)
(社福)宮崎県障害児・者そうだんサポートセンター はまゆう コーディネーター
【資格】社会福祉士 介護支援専門員 相談支援専門員
乳幼児期から学齢期、そして成人期へとライフステージをつ なぐ子どもの相談支援のコーディネーター。「発達支援」「家族 支援」「地域づくり」をテーマに、子育てしやすい街づくりがラ イフワーク。いつでも相談できる人や場所がある地域を目指して...。
著書:「障害のある子の支援計画作成事例集」(共著・中央法規)


参加費:1講座 事前申込み 2,000円  当日参加費 3,000円
※お振込み後のキャンセルによる返金はできませんのでご了承ください。
申し込み
振込方法:
参加申込書をFAXまたは郵送で送付後、参加費を下記口座へお振込みください。
申込書・入金の確認後、順次参加証をお送りします。(当日持参のこと)

ゆうちょ銀行 普通口座 シャ)コドモカゾクソウキハッタツシエンガッカイ
《ゆうちょ銀行からのお振込み》
10110ー89106971
《その他金融機関からのお振込み》
店名:018(ゼロイチハチ) 口座番号:8910697

事前申込締切:平成28年4月15日(金) 受付は終了いたしました
※参加費の振込期限も同じです。お振込みが間に合わない場合には、当日参加扱いとなりますのでご注意ください。

open-school-image

★【早期発達支援士】資格取得講座への移行(最大3講座)ができます★
発達支援を学ぶ公開講座(本講座)は、受講した講座より最大3講座分(1講座につき一律2,000円の追加受講料が必要です)を本学会認定【早期発達支援士】資格取得講座へ振り替えることができます。
ご希望の方は・・・
1. 受講した年度、および次年度までに入会手続きをする
2. 資格申請時に 1 講座につき2,000円の追加受講料を支払う(最大6,000円)
なお、公開講座受講時にお渡しする「受講証明書」は、受講した年度の翌年から 3 年間有効です。
※【早期発達支援士】とは、子どもの発達とその支援に関する基本的な知識があり、子どもの発達および家族の支援を一定期間行っている方に与えられる資格です。認定機関はこども家族早期発達支援学会になります。
私たちは、早期発達支援や特別支援教育に関わる多くの人々や機関が、深い人間理解と信頼関係により結びつき、チームとなった保育・療育・教育の輪の中で、子どもと家族が生涯にわたって支援を受けられるような社会を目指します。
PAGETOP