ミラーリングや「手を当てて感じる」体験など、身体を使って気づきの力を高めるさまざまなワークを紹介します。他者とのふれあいや共感能力を高めることはもちろん、自分の感覚や認知の仕方に対する気づきを促してくれます。このような体感と体験は発達支援の現場ですぐに役立つことから、看護師や支援士の研修会で継続的に行われています。今回は、保護者やサポーターの皆さん、保育や教育の現場で活躍されている方々への紹介となります。

日  時: 平成29年11月5日(日) 13:00~15:00 (受付開始12:30)
場  所: こども宝仙教育大学 4号館ホール 東京都中野区中央2-33-26
講  師:  松原 豊(こども宝仙教育大学 こども教育学部 教授)
費  用: 2,000 円
申し込み締め切り:10月25日(水)(先着30名で締め切らせていただきます)
         ※ 本研修は、当日受付はございませんのでご了承ください。

本研修に関するお申込み、詳細につきましては≫コチラ≪をご覧ください。

ご不明な点がございましたら、事務局までお問い合わせください。