一般社団法人 こども家族早期発達支援学会 公式サイト

早期発達支援研究 Japanese Journal on Early Developmental Support

学術誌「早期発達支援研究 第2号」を発刊します
こども家族早期発達支援学会の学術誌「早期発達支援研究 第2号」を発行します。2018年度中の発行です。
そこで、会員のみなさまより、投稿論文を募集します。日頃の実践をふまえた研究、事例をどうぞお寄せください。多くの方の応募をお待ちしています。
投稿締切:2018年8月20日(月)

会員でない方が投稿を希望するには、入会手続きが必要です。⇒入会手続き


編集規定
  1. 本誌はこども家族早期発達支援学会の機関誌であり、発達障害とその早期発達支援に関する領域、および関連領域に関する論文を掲載する。年1号を発行する。
  2. 投稿の資格は、こども家族早期発達支援学会会員に限る。
  3. 掲載する論文は未発表の原著(理論的または実験的研究論文)、事例研究(事例を扱う原著)、資料(資料的価値のある論文)、短報(予備的研究を扱う短い原著)、研究ノート、特集論文および総説・展望論文、調査報告・事例報告、動向・活動報告、書評、その他編集委員会が認めたものとする。
  4. 本誌への投稿は未発表、未投稿のものに限る。ただし、口頭発表の場合、その旨が明記されていればその限りではない。
  5. 投稿原稿の採否は査読制をもって編集委員会が決定する。査読は編集委員会が指定する者が行う。掲載順は編集委員会で決定する。
  6. 規定枚数を超過したもの、および印刷に特に費用を要するものは、執筆者の負担とする。原著、事例研究、資料、総説・展望論文は、別刷30部まで無料進呈する。
  7. 本誌に掲載された論文などの著作権はこども家族早期発達支援学会に属する。
  8. 倫理的に問題のある研究や表現は認められない。
投稿規定
  1. 原稿の分量は文字数にして1万5千字以内、ページ数にして10ページ以内とする。図表や写真などを含めて、編集委員会が提供するテンプレート(別紙)を利用して投稿することが望ましい。投稿は原則としてウェブ上で行う。原稿は返却しない。
  2. 各論文には、400字以内の和文要旨と3語程度のキーワードをつける。
  3. 外国人名、地名などの固有名詞は原則として原語を用いる。文献はアルファベット順に番号を付ける。
  4. 共著者全員が投稿承諾書(形式自由)に署名捺印し郵送する。
  5. 研究は倫理にかない、必要な場合はインフォームド・コンセントを得ていることが望ましい。
  6. 別紙「早期発達支援研究」投稿票に記入し、あわせて研究倫理誓約書に署名または記名捺印し郵送する。
  7. 書類郵送先:
    〒192-0352 東京都八王子市大塚91-6 こども家族早期発達支援学会 事務局
PAGETOP